ブランディアのレビューまとめました!

ブランディアのレビューまとめました!
宅配買取サービスが人気のブランディアの口コミを集めてみました。

まっちゃ(31歳・茨城県)

買っても全く使わなかったものがあって、どうにかお金に変えたくて、パソコンで不用品を買い取ってくれるサイトを探していたところ、ブランディアを見つけました。
買い取りして貰った商品は、アニエスベーの香水やポーチ、ブランド名は忘れましたが、カットソ―や下着を出しました。
査定のスピードは割と早い方だったと思いますが、ブランド物をあまり持っていなかったので、状態も考えると出せるものが限られていました。そのため、中年の男女が好むようなブランド物を多く持っている人が有利だと思います。
金額は、これくらいもらえればいい方なのかなと思いました。

みい子(37歳・兵庫県)

テレビのCMで目にはしていましたが、きっかけはやはり友達の話を聞いてから自分もやってみようと思いました。
友達の紹介システムがあったんですが、残念ながら友達の話を聞く前に新規登録だけしていたので利用する事が出来ませんでした。
もう着る機会のなくなった結婚式の2次会で着た服や叔母や祖母にもらったけれど、年齢的に合わないアクセサリーを査定してもらいました。
自分で梱包出来たので、箱はもらわず送り状だけを要求して3日以内にはポストに届いていました。こちらの荷物も届いてすぐマイページに連絡が来て、次の日には査定が終わっていました。
1点ずつ売るか、戻してもらうか、処分するかの選択が出来振込も1週間ほどでした。
手入れが行き届いてない欠けてしまったものでも値がついたり、自分が高く売れると思ってたものが安かったりはしましたが、気に入らない場合は値がついても返送してもらえるのでまた別のところで売ることも出来ます。
荷物も丁寧に包装して返ってきて気持ちのいいものでした。

ぎふぎふ(38歳・東京都)

ブランディアは、買い取ってもらえるブランドがどんどん増えていて、以前は買い取り不可のものもOKになり、さらに便利になってきています。
もちろん有名ブランドのもののほうがより高く買い取ってくれますが、送料はブランディア持ちなので、家で眠っている洋服やバッグ、靴を整理するにはとても重宝します。

私が一番高く買い取ってもらったのは、バーバリーのコートと、コーチのバッグでした。
こうした有名ブランドは、使用済みでも状態がよければ定価の10~20分の1の値段で買い取ってくれます。
逆に10円や100円としか値がつかなかったのは、あまり有名ではないブランドの靴でした。
買ったときは結構高かったのですが、ブランドの認知度が低いのでしょうがないのでしょう。

ブランディアは、自分が売ったものが売れたかどうかもわかるようになっているので、チェックすると面白いです。
やはり買い取り額が高いブランドのもののほうがすぐに売れるので、さすがプロの目利きだな、と感心します。
安く買い取られるとガッカリしますが、こうした状況を見ると、納得せざるを得ない買い取り額ですね。

ブランド品をなるべく高く売るコツ

ブランド品をなるべく高く売るコツ

ブランド品を売るための段取りの決め方

ブランド品は査定担当者によって査定方法や金額が異なり、事前に相場を確かめて複数の条件を比較すると最適な内容を探せます。不要なブランド品を処分する時はなるべく高く売りたいもので、失敗をしないようにするためには相場を把握してから交渉をすることが大事です。査定金額を高くするコツは体験談などを参考にすると詳しい情報を知ることができ、即決をしないように相場を確かめて納得をしてから決めると満足できます。ブランド品は中古でも需要が高く、最新の情報を確かめて売る時期を決めると査定金額が高くなるために効果的です。

ブランド品の査定金額の特徴

ブランド品は人気があれば高い値段でも購入してもらえるため、最新の情報を確かめて売る時期を決めるきっかけにすると役に立ちます。査定金額は業者によって違うため、事前に内容を比較して決めないと後悔をする羽目になりやすいです。高級ブランドは中古でも高く売れるため、買い替えや引越しなどをするために処分する際に買い取ってもらうと効果があります。査定金額は商品に傷などがなければ上がるため、上げるコツをつかみたい時は即決をせずに査定担当者との交渉をしながら内容を比較すると便利です。

納得できる査定金額にしたい

ブランド品を売る時は査定金額をなるべく高くしたいもので、失敗をしないようにするためには流れを正しく決める必要があります。査定担当者との交渉をするコツは事前に相場を知ると値切られないため、査定ポイントを確かめながら納得をして決めると効果的です。ブランド品はなるべく高く売ると多くのお金をもらえるため、今後の生活をするために役立ちます。高く売りたい時はより多くの情報を確かめ、査定担当者との交渉を有利に進めると効果的です。